時勢価格としての土地の値段を知る

実勢価格としての土地の値段、つまり市場で取引されている土地の値段については、公的な評価を参考にして調べる方法と、公的評価を参考にしないで調べる方法の二通りがあります。
公的な評価を参考にして調べる方法としては、公示価格を参考にする方法があります。
このほかにも、国土利用計画法によって土地の取引を規制し、適正にそして円滑に行えるように都道府県知事が毎年1回行う地価調査によってわかる基準価格というものがあるので、これを利用することもできます。
家 売却 オンライン基準価格については、各都道府県の基準地について不動産鑑定士が鑑定評価を求めて、これを審査、調整して適正価格を公表するもので、公示価格と合わせて市場での土地取引の指標となるものなのです。
公示価格も基準価格も、現地に建物があったとしても、建物がないという前提、つまりは更地の値段を評価したものになります。
そして、この両者のほかの路線価なども一緒に利用してみることで、その比較によって、より精密な土地の値段の水準というものを把握することができるようになるのです。
こうした公的価格を参考しない方法というのは、その土地のある地域の不動産業者に直接聞いてみるといった方法です。
実際にその地域で土地の取引をしている不動産業者ならば、その地域での土地の値段の水準を知っていると思われます。
ただし、この方法は相手次第といった部分もあるため、きちんとした値段を聞き出すためには、少しコツが必要になるかもしれません。
一般には、買い手のほうには少し高めの水準で伝え、売り手であるほうには少し安めの水準で伝えるということがあるようです。