土地売却するには

土地を所有している方の中には「お金が必要になったから使っていない土地を売却しようかなぁ」と考えている方もいると思います。
しかし土地売却をする際には、誰でも売却が出来るわけではありません。
では、土地売却について、ご紹介しましょう。
一戸建て 売却まず、土地を売却出来るのは当然土地を所有している方に限られます。
そしてその土地の権利者としての名義となっていることが必要となります。
「親の名義だから息子は自由に売却出来るだろう」と思っている方もいると思いますが、土地を売却する際には土地の権利者の名義人の方でしか行うことは出来ません。
「うちの土地って誰が名義人になっているのだろう?」と思う方は一度不動産登記簿などを見て確認するようにしましょう。
土地をお持ちの方の中には、すでにその土地に建物などが建っている場合もあるかと思います。
そういった場合にはその建物の権利関係なども調べておくことが必要になります。
建物に関しては法務局で不動産登記簿などを取り寄せて確認することが出来ます。
もし売却時に建物が違う方の権利名義となっている場合には売却が出来なくなってしまいますので、事前に調べておいた方が良いでしょう。
代々ご家族が所有している土地の場合などでも中が必要で、こういったケースでは相続登記などを行っていないということもあり、祖父などの土地名義となっていることも多いので注意しましょう。
このように、土地売却を行う際には、まずは名義人を確認することが大切です。